2011年11月29日

封印

久々の本業(自動車鈑金)ネタです わーい(嬉しい顔)

自動車の修理には、たまに ナンバー を外さなくては出来ない作業があるのですが・・・

自動車のナンバー(リヤ)には 封印 というものがしてありまして、簡単にはナンバーが外せないようになっています ふらふら
(勝手に外してはいけないことになっています)

ナンバーを外しての作業が絡む場合には、必ず陸運局での 再封印 が必要となるのです。

DSC_0006.JPG

もちろん、修理後、封印なしでの公道走行は、 「違反」 となります!

陸運局までは、積載車での車両搬送が必要となります。 ふらふら



PS

ナンバー1枚で、けっこうな作業量なんです ・・・ もうやだ〜(悲しい顔)
posted by cyagara at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2011年05月19日

塗装ができない!

震災後のさまざまな問題の中で、「材料不足」があげられる ・・・

自動車業界も、被災地にある部品メーからの部品の供給が滞り、新車の生産が思うように行かない ふらふら

建設業界も、建設資材が供給されず、被災地から遠く離れた九州でも住宅の完成が遅れていると聞く ・・・

我々自動車補修業界も、震災直後には、塗料メーカーの被災による塗料やシンナーの供給不足が懸念されていたが、若干の在庫のおかげで?、約2ヶ月無事?に仕事を続けてきたが、ここにきて、塗料の在庫切れが、目立ってきた。 ふらふら

自動車を塗装したくても、塗装できないのである!

御存知のように、自動車の外板には、さまざまな色の塗装がなされているが、我々鈑金塗装屋は、自動車を鈑金した後、その車のカラーコードから何種類もの色の原色を使い、1台1台調色(色合わせ)をしていくのである。

少ないもので、4〜5色、多いもので7〜8色の色を使い調色していくのである。

その原色の一つでも欠品となると、ボディーカラーの調色ができず、塗装ができないのである がく〜(落胆した顔)

震災から2ヶ月も経つというのに ・・・・

自補修業界

ヤバイぞ!! がく〜(落胆した顔)
posted by cyagara at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2011年02月25日

もう少し、待っててね

お客様よりお預かりした レース用オートバイのシートカウル

ただ今、補修中です ・・・

dc022510.JPG

○○さん、もう少し待っててね ・・・ わーい(嬉しい顔)
posted by cyagara at 07:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2009年08月07日

下駄?

前回の 衝撃吸収 でフロントフェンダーの話をしましたが。

写真は、スバル・レガシイ(平成15年〜21年)のフロントフェンダーを内側から写したものです

dc080706.JPG

やっぱり「下駄(ステー)わーい(嬉しい顔)」が履かせてあります。

次は現行の スバル・エクシーガ のフロントフェンダーを内側から写したものです

dc080703.JPG

今度のは 高下駄 ですか? ・・・ わーい(嬉しい顔)

dc080702.JPG

それにしても今の車は フロントフェンダー をみても、手で簡単に動くほど「ふにゃふにゃ?」です。

バンパー、ヘッドライト、フロントフェンダーを一緒に付けて始めて「ふにゃふにゃ感?」がなくなります。 (それぞれ単品ではしっかり留まりません。)

その分、人に優しい? (ぶつかった時)んでしょうが、外板(バンパー、ヘッドライト等)は壊れやすく、ひいてはお金(修理代)が掛かると言うことです もうやだ〜(悲しい顔)

鈑金屋にとっても、修理しにくいです ・・・ ふらふら

だけど、やっぱり ・・・

安全には変えられません・・・ わーい(嬉しい顔) ちっ(怒った顔) がく〜(落胆した顔) もうやだ〜(悲しい顔) ふらふら
posted by cyagara at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2009年06月12日

続・衝撃吸収

前回、 衝撃吸収 のお話をしましたが、今回は、いかに 相手 (主に歩行者等) へのダメージを少なくするかの話です。

以前、 フロントバンパー の話をしましたが、今回はフロントフェンダーの話です。

写真斜線の部分です ↓
dc061205.JPG

フロントフェンダーは特殊な車を除いて、ほとんどが鉄で出来ているので、人間がぶつかると人間が負けます?・・・

ですが、今の車はちょっと考えられて作られています。

写真はエンジンルームからフロントフェンダーを見たものですが

dc061204.JPG

黄色い丸の部分に注目!

dc061203.JPG dc061202.JPG

フロントフェンダーが キャシャな ステーで止まっています
(下駄を履かされています)

万が一、人間がぶつかった時にこの部分が拉げる(ひしゃげる)ことにより、硬く止まっているフロントフェンダーよりも人間に対し衝撃がやさしくなります。

最近の車は、 「燃費」 ばかりが騒がれていますが、こういった 「人に優しい車」 にもなってきてるんですね わーい(嬉しい顔)



おかげで、修理するのが大変です! もうやだ〜(悲しい顔)

フロントフェンダーの話でした ・・・・・ わーい(嬉しい顔)

posted by cyagara at 08:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2009年06月10日

衝撃吸収

今日は、簡単な ボディー のお話を ・・・

車の損傷に関して、良く 「衝撃吸収」 という言葉を耳にすると思います。

昔の車造りの発想は車(ボディー)を強くして中に乗っている人を守ろう! ・・・ という考えでした。

今は、人の乗っている部分(部屋)だけを強くし、車の前後をわざと弱く造り、事故の際、その部分が ぐちゃぐちゃに潰れる事によって衝撃を吸収 し、乗っている人のダメージを少なくしよう! ・・ という考えです。

どういう事かというと、車には最初から 「折れ目?」 が付いているんです

たとえばフレームは
dc061002.JPG
ココ ↓
dc061003.JPG

この車はもっと奥で
ココ ↓
dc061004.JPG


たとえば、ボンネットは
dc061005.JPG
ココ ↓
dc061006.JPG

と、いった具合です。

だから事故ると・・・
dc022308.JPG dc0223125.JPG

この様に、ボンネットが山なりに折れ、後に衝撃が行かないようになっているんです。 わーい(嬉しい顔)

皆さんの車も確認してみてください ・・・ あるはずです!



PS

同業者の突っ込みはご勘弁を! わーい(嬉しい顔)
posted by cyagara at 10:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2009年06月05日

フレーム修正

車の損傷には一般的に、大破、中破、小破といった呼ばれ方をされています。

はっきりとした分け方は解りませんが、読んで字の如しです。

小破程度であれば、外板の鈑金、交換、塗装程度で修理完了となるのですが、中破以上となると、そうも行きません。

車の骨格部分の修理が必要となってくる場合があります。

俗に言う「フレーム修正」というやつです。

メーカーからは「ボディー寸法図」というものが出てまして、その寸法に従い、鈑金屋が修理をしていくわけです。

dc060408.JPG  dc060504.JPG

車を フレーム修正機 にセットし、修正に邪魔な部品をはずし、寸法図どうりに車を修正していきます

dc032804.JPG dc032805.JPG

その際、車を元の寸法通りに修正するには、3次元(縦・横・高さを同時に測定する)計測機が必要です。 これが無いと、「つじつま合せ」 (外観上は直っているように見えるのですが、真っ直ぐ走らない、タイヤが方減りする等の現象が起きる場合がある) の修理になってしまう恐れがあります。

実際は、エンジンを下ろして作業するのがベターですが、車の時価額や、お客さんの予算を考えると、なかなかそうも行かない場合があります。

dc052101.JPG dc052105.JPG

最近は車の構造や材質も変わってきており、ボディーも部位により、防錆鋼板・抗張力鋼板等、材質も色々です (ただの鉄ではないんですわーい(嬉しい顔)

専門的な話(面白くないので)になってしまうので止めますが、要は、今の鈑金屋は専門的な知識や機械工具なしでは出来ない(直せない)ということです。

dc060502.JPG

鈑金屋も日々勉強です ・・・ わーい(嬉しい顔)


PS

写真は同一車種ではありません、あくまでも参考写真です。
posted by cyagara at 09:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2009年06月02日

広告・・・

以前、「宣伝広告に思う」 で私なりの考えを書かせていただきました。

暫らくぶりにチラシを作り(Wordで自作)好間地区の朝刊に広告を出しました。

貧乏自営業なので、チラシは自作、印刷は新聞屋さんに格安でやってもらいます。わーい(嬉しい顔)  (折込に入ってるお悔やみ情報と同じ印刷方法なので、あまり画質はよくないのですが、安い!)

dc060117.JPG

さすがに、 「ぶつけたら来てよね!」・・ とストレートには書けません ・・・ わーい(嬉しい顔)

私は親父が鈑金屋を始めてその2代目、26歳までは別の業界(電子関係)で過ごし経験も浅い!(今では20年以上やってますがわーい(嬉しい顔))、工場は古いと、ほかの鈑金屋に比べ、これといって特徴の無い工場をいかに続けていくか?・・・何時も悩んでいます。

外にアピールしにくい(広告が出しにくい)業種で、いかにうちの工場を知ってもらうか、色々考えたあげく、何種類かの「カーディテイーリング」をやっております。

今回のチラシもそのひとつで、ヘッドライトの磨きコーティングの広告でした。

内容は、当社HPを見てもらうとして結果は? ・・・

HPのアクセス解析を見る分には、あまり思わしくありませんでした。 ふらふら

予想はしていましたが ・・・ もうやだ〜(悲しい顔)

そんな中 昨日、工場の近所の方が 「俺の車も出来るの?」 と来てくれました。

感謝!感激!・・・

気持ちが落ち込んでいたところだったので、正直とてもうれしかった ・・・ というより、「有難かった!」

同業者の 「そんなことしたって・・・」 の言葉もなんのその、これからも広告は地道に続けて行こうと思ってます。

(お客さんから見た) 「敷居」 を低くするために ・・・



PS

新聞・テレビ・ラジオ・インターネット等、色々なメディアがあり、宣伝広告の方法もさまざまですが、やはり時代の流れというものでしょうか?、宣伝の方法(媒体)も変わってきています。

事実、私の周りでは新聞をとっていない家庭もあります。
かといって、各家庭にインターネット環境があるというわけでもなく。 結局のところ ・・・

今まで色々やってみた私の実感として、 「携帯」 なのかな? ・・ という感じです

このお話はまたそのうちに ・・・  












posted by cyagara at 09:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2009年03月18日

タイヤ交換

3月に入り、日に日に春めいてきました。 今日はジャンバーを脱いで仕事してます わーい(嬉しい顔)

そろそろお客さん方も夏タイヤに交換し始めました。

dc031801.JPG

DIY会員の方もそろそろ交換に訪れるようになりました。

うちは会員さん向けにタイヤの保管を行っているのですが、いつの頃からか、会員さん以外の保管も頼まれるようになり、今では会員さん以外のタイヤのほうが多いかも?・・・

基本、タイヤの交換は自分で行ってもらうのが決まりなのですが、会員さん以外は女の方やお年寄りが多いので、結局は私がサービスでやらされてしまうのです ・・・ もうやだ〜(悲しい顔)

鈑金屋は整備屋さんと違って、定期的なお付き合いがしにくい商売ですが(縁のない人は一生、縁がないわーい(嬉しい顔))、 こうやって、年2回はうちに来てくれます わーい(嬉しい顔)
ありがたや〜 



別に車をぶつけなくても、たまに遊びに来てくれる (敷居の低い)

鈑金屋を目指して ・・・
posted by cyagara at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2009年02月27日

不思議なもので・・

車の損傷は、同じように見えても1台ごとに微妙に違い、1台ごとに修理方法は違います。

しかし、この商売 長いことやっていると、不思議と同じような事故車が続けて入庫してきます。

たとえば、追突された車が1台入ってくると不思議と追突された車が2台、3台と続いて入ってきます。

今週も、飛び石によるガラス交換が3台 ・・・ (めずらしい!)

不思議なものです ・・・

しかし、今回は私もびっくり!

マフラーを地面の突起物に引っ掛けて、「ぷら〜ん、ぷら〜ん」
(タイヤ止めに引っ掛けたらしいですがく〜(落胆した顔)

dc022136.JPG

先週入ってきた車などは、マフラーを落としてきてしまいました ・・・

同じような修理が続きます ・・・

不思議なものです ・・・ わーい(嬉しい顔)


posted by cyagara at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2009年02月17日

強風!

昨日の夕方から強風が吹いてます 台風
春一番 にはまだ早いのですが ・・・

ここ数年、何かおかしい? 冬になると2〜3日に一度 強風が吹いているような気がします。

事実、ここ数年「強風」で自動車のドアがあおられてドアチェッカ(開き止め)等を壊してしまうという修理がたまに入ってきます。

強風に限らず 気をつけなければならないのは、駐車場内で、ドアを開ける際、隣の車へドアをぶつけてしまうケースです。

間違ってぶつけてしまうのは、まだかわいいのですが、ぶつけておいて平気で立ち去ってしまう(本人が見てるのに)人も結構います ちっ(怒った顔)

少しのキズでも修理代はばかになりません、まして、他人にやられたら頭にきます ちっ(怒った顔)

dc091811.JPG  dc091812.JPG

上の写真は 右フロントドア を隣の車にチョコンとぶつけられた写真です。(本人は知らんふりして行こうとしたので声をかけたそうです) キズが分かりますか?

修理代は、ドアの修理塗装で ウン万円!
「高い!」とお思いでしょうが、これが現実です! がく〜(落胆した顔)

強風に関わらず、ドアの開閉にはくれぐれもご注意を!


PS

私はスーパーの駐車場などに行くと、極力入り口から遠い所(隣に車のいない所)に駐車するので、カミさんから嫌がられています わーい(嬉しい顔)
posted by cyagara at 10:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2009年02月13日

見積り

先日、「宣伝広告に思う」 で

「鈑金塗装の金額って良くわからない」 「ぼられるんじゃない?」 

と、お客さんが不安に思う?というお話しをしましたが、確かにその通りで、ちょっと前(けっこう前?)までは 鈑金一式○○円、塗装一式○○円なんて 「どんぶり勘定」 的な見積りも、無きにしも非ずでした。

しかし実際は、車の 各車種 ごとに「指数」というものが決められており、皆さんが恐れるほどいい加減な見積りをしているわけではありません わーい(嬉しい顔)

たとえば

ロードスター のリヤバンパーを交換したら、指数は1.0(時間)と言う具合です。

それ(指数)に、各工場の「レート」(1時間当たりの工賃)を掛けたものが

バンパーの交換工賃になります。

たとえば、レートが 6000円 ならバンパーの交換工賃は

1.0(指数)× 6,000円 = 6,000円(部品代は別)

となります。(ロードスターの場合)

鈑金や塗装も簡単にいうと 面積×指数 で計算します。

簡単に説明しましたが、実際はもっと複雑で今は見積りコンピューター(見積りソフト)なるものが活躍しています。

見積りソフト には、何種類かあるのですが、私は 損害保険会社 等が多く使用している 「アウダセブン」 というソフトを使用しています。

車の情報が、ある程度判れば交換部品の値段や工賃も簡単に計算する事ができ、短時間で見積りが出来てしまいます。 今では、なくてはならない存在です。

mitumori.jpg

こんな具合に出来上がります。

ですから、皆さんが思うほど、各工場によって値段が大きく違うと言う事は、見積りにコンピューターを使っている鈑金屋であれば、さほどの違いは無いという事です。 わーい(嬉しい顔)

但し、ここから先は お客さんの 「値切り戦術」 に負けそうになりますが ・・・ ふらふら

というわけで、

鈑金屋は 「ハンマーとあて板」 だけでなく コンピューターも使ってま〜す。 わーい(嬉しい顔)

敷居を低くするために ・・・
posted by cyagara at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2009年02月03日

オートバイ塗装

去年の暮れに「暖かくなるまででいいから」 ・・・ ということで、オートバイの塗装の依頼を受けました。

オートバイの全塗装の依頼をたまに受けます ・・・
基本的に 自動車鈑金塗装業 なのであまりお請けする事はないのですが、
(意外と面倒なんです)
塗るパーツだけを持ってきていただければお受けしています。

自動車にもオートバイにも車検証という (人間でいう戸籍みたいなもの) ものがあり、車の情報や所有者が記載されています。

自動車には別に コーションプレート といって ボディー (エンジンルームやセンターピラーなど) にプレートが貼ってあります。

dc020332.JPG  dc080726.JPG

その中に カラーコード(ナンバー) といってその車の色が番号で書いてあります。 その番号にしたがって塗装屋さんは色を調合(調色)し塗装します。(調色の話は別の機会に)

しかし、オートバイにはそのカラーコードがありません。 
色変え全塗装であれば問題はないのですが、一部分の補修塗装は職人さんの調色技術のみでその色を作り出さなければなりません
だからあまりお請けしていません ・・・ 

今回は色変え全塗装ということで 何百種類もある(車にはあるんです)カラーコードの中からスバルのWRブルー(カラーNO.02C)を選び塗装しました。

dc020328.JPG

この後、ステッカー等を貼り、組み立てて完成です。

 「春」 が 待ち遠しいですね るんるん わーい(嬉しい顔)

posted by cyagara at 12:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2009年01月31日

宣伝広告に思う

私の商売は 自動車鈑金塗装業 です

同じ自動車屋でも、整備屋さん と大きく違う所

車検や点検と違い、お客さんが定期的に来てくれないところです。

昔から葬儀屋さんと並んで宣伝広告が出しづらい商売と言われています

「カーコン」・「ファブリカ」等、ない事はないのですが ・・・

「ぶつけたら来てよね!」・・・ 口が裂けても言えません ふらふら

しかし、最近はチョッと変わってきたようで

葬儀屋さんも「家族葬なら○○万円〜」 なんて広告を折込に入れてきます。

「あってはならぬ、なくてはならぬ ・・・」と言う広告がありましたが まさにその通りの商売だと思っています。

私もただ手をこまねいてる訳ではなく、マーケティング関係の本を読みあさり、HPの作成その他、何年も前からいろいろと試行錯誤を繰り返していますが、まだこの地域では、鈑金屋の広告をあまり見た事がありません。

同業者には、「お前そんな事やったって効果ね〜よ!」と言われてしまいます

私から言わせてもらうと 考えが古いんです! ・・・ ちっ(怒った顔) (怒)



そんな中、先日お客さんから貴重な御意見を頂きました。

車の一般ユーザーにとって、しらない鈑金屋は 「敷居が高い」(入りずらい) お店だそうで、確かに私もその通りだと思ってました。

どうしても我々鈑金屋は 入ってきたお客さんに、笑顔で 「いらっしゃいませ!」 と言える環境ではなく(教育がされていない)
その気はないのですが、無愛想に感じられてしまいます。

そんな環境ですから、一般ユーザーが 初めての鈑金屋に入ってきて「これ修理するのに幾らかかります?」 と気軽に声をかけにくいのも当然です。 
ぼられるんじゃね〜の?、ちゃんと直るの?、などなど・・・

最近では以前より、「タウンページを見たんですけど〜」 とか 「ホームページを見たんですけど〜」と お電話を頂くことが増えてはきましたが、まだまだ お付き合いしていただいてるディーラーさん + 従来のお客さん + ご紹介(口コミ)がほとんどです。

時代は変わり、地方(地元)の小さい会社は業種を問わず大企業(大きな力)の傘下に入るか 自然淘汰されてしまうか 選択を迫られています。 自動車業界も例外ではありません。

ボーっとしていると、時代の大きな波に飲み込まれてしまいます。

自分の仕事や会社を 「プライド」 をもって続けていくためにも

お客さんから見た 「敷居」 を低くするために、がんばっていこうと思ってます ・・・ わーい(嬉しい顔)



posted by cyagara at 11:44 | Comment(6) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2008年12月16日

バンパー

たま〜に 車のボディーについて鈑金屋の立場からお話していきたいと思います。
あまり専門的にはならず、小学生の子供でも分かるように説明していきたいと思いますので、 あまり真剣に読まずに軽く流して見て下さい わーい(嬉しい顔)

「バンパー」って車の前後に付いてるものです。 車がぶつかった時に真っ先にあたる場所です。

dc070111.JPG

以前(大昔)は鉄製がほとんどでしたが、最近はほとんどが樹脂製(プラスチック)です。

チョッと前までよく「ウレタンバンパー」なんて呼ばれていましたが、ほとんどはウレタン製ではなくPP(ポリプロピレン)製です。

バンパーの中(裏)には鉄(アルミ)の骨があり、バンパーを支えてますが、 最近ではその 「」 すらないものもあります(理由は後日説明します)

樹脂(プラスチック)の利点は、軽い、車のデザインが自由に出来る、等 ・・・ 色々ありますが、

万が一、人に接触した時も鉄バンパーにぶつかるよりは、人に対してダメージが少なくて済みます。

チョッと待てよ? ・・・
いい事ばかりのように思えますが、これが「くせもの」なんです。

樹脂製バンパーは、ぶつかった瞬間(凹んだ瞬間)から時間が経つと8〜9割程、戻ってしまうんです

バンパーの中は金属製なので、元には戻りません。 

つまり、外見は一見たいしたことないように見えるのですが、中は「ぐっちゃり」という場合もあるのです

外見はたいした事なかったのですが ・・・ がく〜(落胆した顔)
dc100811.JPG

強くぶつけた場合には何処までダメージがあるのか、一度、鈑金屋さんに見てもらった方がいいかもしれませんね。

てなわけで、簡単にバンパーについて説明してみました。 

疑問、質問何でもOKです わーい(嬉しい顔)

同業者の「ツッコミ」はご勘弁を! わーい(嬉しい顔)



posted by cyagara at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装

2008年12月10日

自動車鈑金塗装

私の商売はご存知 自動車鈑金塗装業 です

世間一般に 「くるまやさん」 という言われ方をされますが、

自動車整備 と 自動車鈑金 とは全然別なんです (もちろん共通する部分は多いです)

整備屋さんの 自動車整備士 の免許(国家資格)は一般的ですが、

鈑金屋の 自動車車体整備士 の免許(国家資格)があるのをご存知ですか?  意外と知られていません。 ・・・ もうやだ〜(悲しい顔)

しかも整備屋さんと違い、免許(自動車車体整備士)がなくても出来てしまう商売なんです ・・・ 知ってました?
(分解整備等を伴う場合は免許・認証等が必要です)

工場内の設備も各社さまざまです

金属を溶接する 溶接機等 

車の骨格等を修正する フレーム修正機
dc101010.JPG  dc100603.JPG

車を塗装する 塗装ブース
dc111908.JPG  dc110402.JPG 

その他、ハンドツール類

あるのが当たり前と思われますが、設備がなくても出来る?不思議な商売なんです。

色々な面で、やはりまだ 「職人」 の世界なんでしょうか? ・・・

これからは、たまに(不定期ですが)

技術的な面も含め、簡単に鈑金塗装の話もしていきたいと思ってます ・・・

同業者の方、「ツッコミ」 を入れないようにお願いします わーい(嬉しい顔)
posted by cyagara at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鈑金・塗装